心の道講座


人の心は陶芸の器と同じです。自ら土を練り、器の形を創りあげていくのです。


なぜ、自分の心の育て方を教えることに至ったのか…。

家庭では、子どもの心を育てるというより、親に合わせた生き方が刷り込まれていきます。

学校では、教育と書いて教え育てると言われます。しかし、枠にはまった二元思考を頭に教え込み、心が偏る刷り込みが続いています。

社会でも、枠の中でどちらかに偏る二元思考が刷り込まれ続けています。

そう、子どもや母親、社会人、すべての人が対象なんです。

物事や出来事、味わった感覚に対して、善悪や優劣の二元思考の価値判断が刷り込まれていくため、自然と心は偏ります。

人が、自分の事は分からない…というのは、実は、心がアンバランス(偏り)なのに何かにしがみついて固まっている状態です。

自分や他人を信じられないことや、罪悪感や劣等感を持って心が痛い状態は、実は心の偏りです。

刷り込まれた二元思考で考えると、痛い感情が湧いてきます。心の成長発達過程を止める時、痛みを伴います。

心の浅い部分を扱うものには、セラピーやヒーリング、カウンセリング、占いなどがあります。しかし、他者のエネルギーや手技によって心の偏りが取れる訳ではありません。それができるなら、すでにあなたやこの世の中は変わっているかと思います。

私たちは、偏りに氣づいて学ばなければなりません。心の成長発達過程に沿うことが大事です。

 

心を育てるときに必要なのは、やり切った先にある達成感や充実感です。中途半端に終わらせて、善悪・優劣で判断することではないのです。中途半端は、劣等感・罪悪感など自己否定を強めて、心の痛みを強化します。それも、氣づくためなんですが(^^;;

誰かのやり方や方法を真似ても上手くいきません。個性・能力や役割、心(感覚、器)が違うからです。

一番大切な深い部分は、自分で心(感覚、器)を育てることです。これを他者にやってもらえば、心は偏ったまま強化され依存という結果になります。

心は、誰かに…ではなく自ら育てるものです。偏りは、氣づくためのサインです。心の成長プロセスは偏りから始まっているのです。

心の偏りは悪いものではありません。心の偏りに氣づき、バランスをとるプ過程を学ぶためにあるのですから。

心の偏りは問題という形で現れますが、実はサインです。その時の相手は、氣づき愛の手伝いをしに現れたソウルメイトです。

氣づかなければ、偏りが分かりません。分からなければ学べません。自分の「心(感覚、器)を知り育てる」ことの大切さは分かりますよね。

ただ、頭で分かったけど…動けない状態は、心頭不一致です。頭で分かろうとしていますが、分かりません。なぜなら、経験値がないために感覚が分からないのです。腑(腹、心)に落ちていないから、動けません。原因は、心の偏りと器にあります。

 

あなたも、自分の心の偏りに氣づき、心の成長・発達過程を学びませんか…。

 

 

 

~心の道講座~

 

氣づきコースの目標は、「本当の自分の生き方」を感じることへの準備をします。

100%ALL OKの自己受容です。心を癒し、心の根を伸ばします。

 講座費:40,000円(10,000円×4回)

 

悟りコースの目標は、「バランスのとれる生き方」への準備をします。

心の鏡を磨く自己成長です。心を磨き、心の芽を伸ばします。

 講座費:130,000円(10,000円×4回+15,000円×6回) 

 

講座開講コースは、あなたの自信を深めます!

 


心の地図体験会


氣づきコース


悟りコース


講座開講コース